Home
[an error occurred while processing this directive]

UPAニュース(2008年6月)

Heading Here

今月のUPA(Usability Professionals' Association)ニュースレターです。

日本語版 | 英語版 | フランス語版 | ドイツ語版 | スペイン語版 | イタリア語版 | ポルトガル語版 | ヘブライ語版 | ロシア語版 | 中国語版 | トルコ語版

今月の目次

** UPA Europe 2008 **
ヨーロッパにおける初めてのUPA国際会議が「2008 World Design Capital」と題してイタリアのトリノで開催されます。数百名のデザイナーとユーザビリティ専門家が集まると期待しています。今日すぐに事前登録しましょう。

http://www.upaeurope2008.org/

ニュースに見るユーザビリティ

モバイル世界の広がりとユーザビリティ要因(The Age、2008年4月17日)
「このようなユーザビリティ重視傾向が反映された結果、オーストラリア人が好む携帯電話は、Nokiaが45%と圧倒的であり、これにMotorolaが14%、Sony Ericssonが11%、LGが9%と続いている。」

分かった、これだと叫ぶにはきつい仕事を何年もこなすことが必要(ニューヨーク・タイムズ、2008年2月3日)
「いわゆるエピファニーは創造性や革新とはほとんど無関係である。革新とはゆっくりとした積み重ねのプロセスであり、興味深い事実から得られる洞察を少しずつ実証済みプロセスの上に積み上げていくものだ。牡蠣が砂という異物の回りに何層もの真珠層を積み重ねて、ついには真珠を作り上げるように、革新はきつい仕事を長期にわたってこなす中からにじみ出てくる。」

T-Mobile - 毎月の顧客とのコミュニケーションをより効果的に改善(Design Council Case Studies、2008年6月3日)
「これまでの電話料金請求書は、数字の説明がほとんどないため、A4サイズの紙に訳の分からない数字が数ページにわたってモノクロ印刷されているものというイメージであった。しかし、2006年に請求書の書式を再設計したT-Mobileの例を見ると、これまでのイメージを打ち破る価値が見えてくる。」

先頭に戻る

UPA支部ニュース

支部現況調査2008
2008年2月にUPAから全支部に対して「現況調査」依頼を発送しました。これは支部の現状をより良く理解するためのもので、皆さんからの声の到着を楽しみにお待ちしております。
質問先: chapters@usabilityprofessionals.org

今月の写真
「upachapter」タグを使えば支部のイベント写真を共有できます。

設立中の支部

支部グループに参加しよう

UPA支部についての知識を更に深めよう

身近にある支部をお探しの場合の連絡先 chapters@usabilityprofessionals.org

先頭に戻る

UPA本部ニュース

5月3日はアクセシビリティにおけるマイルストーン
メンバー国20カ国の承認が得られて、国連障害者権利条約が5月3日に発効しました。国連のWebサイトによると「障害を持つ人の完全な人権と基本的自由の謳歌の推進、保護、保証を行い、固有の尊厳の尊重を推進する努力に向けての重要なマイルストーンとなる」とあります。

UPAボストン: 年次総会は成功裏に終了
約400人が32セッションに参加し、ベンダーブースを訪れました。これまでで最高の成果を上げた総会でプレゼンテーションを行われた方、セッションにご参加頂いた方、ボランティア作業に携わって頂いた方々、スポンサーとしてご参加頂いた皆様、および企画を担当された方全員に対して、お礼を申し上げます。

User Friendly 2008
中国の新圳(シンセン)にて、2008年10月24日~27日に開催。

UPA Europe 2008
ヨーロッパにおける初めてのUPA国際会議が「2008 World Design Capital」と題してイタリアのトリノで開催されます。数百名のデザイナーとユーザビリティ専門家が集まると期待しています。

World Usability Day 2008 - 今年のテーマは「交通機関(Transportation)」
2008年のWorld USability Dayは、交通機関というテーマで11月13日に開催します。

World Usability Day 2008に向けて写真やビデオを募集中
電車、飛行機、地下鉄その他の交通機関を利用して、そのときの写真や人との関わり合いなどを共有したいと何度も思ったことはありませんか。このチャンスを活かしましょう!

今年のテーマは「交通機関」であり、今年のプログラムのキックオフに使うために、皆さんの住んでいる所の交通機関の良い所やチャレンジしている所が分かる写真やビデオを探しています。友達、同僚、家族の方に頼んで、標識、乗り物、橋、トンネルや地図とそれらを使っている人が写っている写真を撮ってもらってください。そして写真はwww.flickr.comに、ビデオはwww.youtube.comに、wud2008というタグを付けてアップロードしてください。
質問先: caryn@worldusabilityday.org

UPA地域コーディネータのお知らせ
UPA理事会に参加し、新しい地域コーディネータ(RC)を知りましょう。RCという役職は理事会とUPAメンバー間のコミュニケーションを継続的に改善するために設置しました。RCは担当地域にある支部とのリエゾンとなり、ローカルイベントにはUPA代表として参加し、他のRCと共同でUPAのグローバルなカバー範囲を拡大します。現在の地域コーディネータは以下のようになっています。

  • アジア: Jason Huang(中国)
  • ヨーロッパ: Chris Rourke(スコットランド)
  • MEAOS (中東、アフリカ、オセアニア(オーストラリアとニュージーランド)、インドとパキスタン): Susan Wolfe(オーストラリア)
  • 北アメリカ: DeeDee DeMulling(米国)
  • 南アメリカ、中央アメリカ: Lucia Filgueiras(ブラジル)
質問先: Carol Smith, Director of Global Outreach

若い専門家を支援
UPA内組織である「学生と若い専門家委員会(Student and Young Professionals Board)」からのうれしいお知らせです。Apogee (www.apogeehk.com) からUPAの学生メンバー10名枠のスポンサーシップのご提供がありました。
適任性に関するご相談は info@apogeehk.com までご連絡ください。

UPAの学生と若い専門家向けのご案内
UPAでは、UPAがスポンサーになっているYahooグループに参加する意思がある学生や若い専門家を歓迎します。このグループは既にUPAのメンバーになっている人とこれからUPAメンバーになる可能性がある人を結びつける役割を果たします。このグループに入って学び、ネットワークを作り、UPA活動の理解を深めてください。

LINKEDIN: UPAメンバーやその他の人達とのネットワーク
同じような経歴やニーズを持つUPAメンバーを迅速かつ容易に検索したくはありませんか。LinkedInに今すぐ加入しましょう。

UPA理事会メンバーの紹介

先頭に戻る

UPA出版物

UXマガジン(2008年: 第7巻 第2号)

UPA - JUS (Journal of Usability Studies)(2008年5月: 第3巻 第3号)
ユーザー・エクスペリエンス設計: 多際的(multi-disciplinary)アプローチの進化 - 著者: Deborah J. Mayhew

UPA - Voice(2008年6月: 第10巻 第3号)
サムネイル: Carol Righi

人による人のためのデザイン: ユーザビリティのエッセイ

「ユーザーエクスペリエンスのデザイン」ポスター

UPA刊行物に記事を書きたい場合の連絡先: publications@usabilityprofessionals.org

UPA刊行物に宣伝を載せたい場合の連絡先:assocdir@usabilityprofessionals.org

先頭に戻る

カレンダー

UPA Europe 2008
ヨーロッパにおける初めてのUPA国際会議が「2008 World Design Capital」と題してイタリアのトリノで開催されます。数百名のデザイナーとユーザビリティ専門家が集まると期待しています。

User Friendly 2008
中国の新圳(シンセン)にて、2008年10月24日~27日に開催。

World Usability Day 2008 - 今年のテーマは「交通機関(Transportation)」
2008年のWorld USability Dayは、交通機関というテーマで11月13日に開催します。

電子メールアドレスや住所に変更がありますか:
プロファイル情報を最新にしてメールが確実に届くようにしましょう。

先頭に戻る

UPAストア

UPAストアでは、ユーザビリティを梱包して発送はしませんが、コンファレンス資料やUPA関連資料を購入することができます。これにより自社内のユーザビリティ改善作業を推進するお手伝いができると考えています。 - http://www.usabilityprofessionals.org/upa_store/index.html

先頭に戻る

各国語版UPAニュースの作成協力者

  • Pauline de Robert (QuÈbec Chapter), French
  • Silvia Zimmermann (Swiss Chapter), German
  • Alberto Lacalle (Spanish Chapter), Spanish
  • Michele Visciola (UPA Italia), Italian
  • Adriana Betiol (Brazil Chapter), Portuguese
  • Yaniv Michaeli (UPA Israel), Hebrew
  • Natasha Voynarovskaya (UPA Russia), Russian
  • Denny Huang (UPA China), Chinese
  • 小林 正 (HCD-Net), 金山 豊浩 (UPA), 日本語
  • Ali Berkman, Turkish
  • Daniel Szuc (UPA China-Hong Kong), English, News scout

UPA Monthlyの連絡先

先頭に戻る

Usability Resources UPA Store UPA Chapters UPA Projects UPA Publications Conferences and Events Membership and Directories About UPA