Home
[an error occurred while processing this directive]

UPA刊行物: UPAニュースレター

2009年6月

English | Deutsch | Español | Français | Português | Türkçe | 日本語

特集

6月の特集記事の画像

UPA 2009 総会 – ユーザビリティ活性化 (Bringing Usability to Life)
(ポートランド支部、オレゴン州) - 取り組むものがコンシューマ・エレクトロニクス、医療機器、工場の生産ライン、Webサイト、小売店、カスタマー・サポート、毎日の住まいである建物のスペースなど何であっても、ユーザビリティとユーザー・エクスペリエンスは、それらを良くしようという共通の目標を共有しています。

お知らせ

FLUPA (フランス) – モーニング・エルゴノミクス、ルクセンブルク
(6月11日) – イベント・スケジュール:
9:05 - 企業にエルゴノミクス・アプローチを売り込む方法
発表者: Eric Mazzone (Promex)

9:30 - ユーザビリティテストの実施方法
発表者: Christian Bastien (Paul Verlaine Metz 大学)、Corinne Leulier (Klee Interactive)

10:00 - 電子投票のエルゴノミクス評価
発表者: Michel Gabriel (Paul Verlaine Metz 大学)

URL: http://www.flupa.eu/
登録: http://www.flupa.eu/inscription

支部イベント

UPA ミネソタ支部:
カスタマー・エクスペリエンスの管理 - Nadine Schissel
(6月11日) - 景気が下り坂となる中で、カスタマーのエクスペリエンスを管理することが一層重要となっています。すなわち、カスタマーを魅了するインタラクションを創り出してロイヤルティを高め、リピート・ビジネスを創出します。Nadine はカスタマー・エクスペリエンスの管理を通じてカスタマー向けの価値を創り出す方法を説明します。Nadineはクライアントとの共同作業を通じて、単純で、測定可能で、実利的な結果をもたらしています。このアプローチはエクスペリエンス管理の考え方と理論をビジネスの戦略とアクションに置き換えるもので、エクスペリエンス管理を単なる市場戦略ではなくビジネスの規律とするものです。

NEOUPA (東北オハイオ支部):
スペースの狭さを考慮した設計 - Dan Young
(6月17日) – まもなく登録が開始されます。後ほど詳細をWebサイトでチェックしてください。

UPA ニューハンプシャー支部:
デザイン促進と協調的デザイン - Sarah Bloomer (ミニ・ワークショップ)
(6月24日) - 2009年6月の会合では、大変うれしいことに Sarah Bloomerをゲストに迎えることができ、協調型デザインと共同デザインに関するワークショップを開催します。協調型デザインと共同デザインでは、今までとは異なる知識、見通し、目標と展望を取り入れることによって新しいアイデアを生み出します。もちろんデザインはスピードアップします。協調型デザインはカスタマー、ステークホルダー、デザイナー、および開発者と進めていきます。この場合には、いかにチームを集中させ専念させられるかがコツとなります。デザインを促進するものは簡単な経験則をベースとしたスキルであり、Sarahは参加型ワークショップを通じて、このスキルを共有してくれます。
連絡先: info@nhupa.org

TriUPA (ノースキャロライナ支部):
インタラクション・デザインのスケッチ - David Malouf (丸一日のワークショップ)
(6月24日) - 「インタラクション・デザインのスケッチ」は、1日コースのセミナーであり、スケッチとは実際にどのようなことをするのか、なぜそれが強力で、ユーザー・エクスペリエンス専門家としての日常のプラクティスにどうやって取り入れていけばよいのかを教えるためのものです。このクラスでは、デザインと革新的な手法で有名な団体がいかにスケッチの技法を日常のプラクティスに取り入れているかを学びます。また、実際にスケッチのプラクティスを身につけることができ、なぜこれがプロトタイピング手法とは違って、テスティングとコミュニケーションというよりはアイデア生成の方を重視している独特のツールであるのかを理解できます。これは個人向けのツールであるとともに、グループが共同作業を行うためのツールでもあります。
登録: https://triupa.clubexpress.com/

UPA 英国支部:
年次キャリア・イベント
(6月25日) - UPA 英国支部の年次キャリア・イベントは、2009年6月25日の午後6時30分より、ブリック・レーンにあるLBIで開催されます。このイベントはユーザー・エクスペリエンス(UX)分野で働いている人、またはUXに興味がある人向けのものです。これはインフォーマルでリラックスしたイベントで、優れたプラクティショナーと知り合いになったり探したり、卒業間近の学生と出会ったり、新しい仕事を見つける機会を提供します。自分とは違う観点を耳にし、仲間と知り合う機会が多いと思います。

有益なリンク

ニューヨーク・タイムズ: ガジェットの誇大広告を読み解く
この話で最も興味深いのは、マーケティング担当の人が実際にどのように言っているかだ。どんな会社でも自社製品の欠点を公表しようとしないのは明らかだ。しかし、大々的に宣伝している機能が、本当に大事なことから大きく外れていることがたまにあって、もうほとんど笑ってしまう。これはある意味で企業レベルでの間違いであり、誰かが文句を言うべき時が来ているのではないだろうか。

Web戦略: その定義
「有効なWeb戦略とは、高品質なWebプレゼンスを作り出して維持するのに必要なガイダンスと実装権限を提供するものである。また、これは責任機構も設置して、Webチームが企業の最も強力なコミュニケーション・ツールとトランザクション・ツールを開発・管理する上で成熟したアプローチを取れるようにする。」 - (Lisa Welchman)

自分がすることを売り込む - Daniel Szuc
あらゆるビジネス(利益を追求するものとしないもの)は、生き残りをかけて販売とマーケティングに依存している。最良のプレゼンター、コンサルタント、作家、専門家、リーダー、デザイナー、医者、マネージャ-、コメディアン、深夜番組のホストやビジネス人間と枚挙に暇がないが、すべての人が自分たちを明確かつ有効に売り込んで自分たちのアイデアを追求している。では私が人間観察から見て学んだものは何であろうか。優秀なセールスパーソンを優秀たらしめているものは何であろうか。

ハイテク機器でライフスタイル改善
Facebook、モバイル機器、電力メーターなどは人々がより健康的なライフスタイルを取り入れる上での後押し役になっている。

連絡先

フィードバック、ニュースやイベントの通知は次の電子メールアドレスにお送りください: upamonthly2009 (at) usabilityprofessionals.org

ご覧いただきありがとうございました。

UPAニュースレター編集担当
Robert Skrobe

UPAニュースレターについて

このUPAニュースレターはUPAの全メンバーに対して各月の第一週に送付されます。通常、このニュースレターには本部からのお知らせ、支部のイベント案内、ユーザビリティやユーザーエクスペリエンス関連記事へのリンクが掲載されます。

協力者

以下の方々に時間を割いて協力して頂いているおかげでUPAニュースレターの発行が可能となっています。

Pauline de Robert (英国支部)、フランス語への翻訳
Michele Visciola (UPAイタリア)、イタリア語への翻訳
Silvia Zimmermann (スイス支部)、ドイツ語への翻訳
Alberto Lacalle (スペイン支部)、スペイン語への翻訳
Adriana Betiol (ブラジル支部)、ポルトガル語への翻訳
小林正 (HCD-Net)、日本語への翻訳
Ali Berkman、トルコ語への翻訳
Daniel Novichkov (UPAロシア), ロシア語への翻訳
Daniel Szuc (UPA中国(香港))、編集担当(前任)兼協力者

Usability Resources UPA Store UPA Chapters UPA Projects UPA Publications Conferences and Events Membership and Directories About UPA