Home
[an error occurred while processing this directive]

UPAニュース(2007年10月)

Heading Here

今月のUPA(Usability Professionals' Association)ニュースレターです。

日本語版 | 英語版 | フランス語版 | ドイツ語版 | スペイン語版 | イタリア語版 | ポルトガル語版 | ヘブライ語版 | ロシア語版 | 中国語版

今月の目次

ニュースに見るユーザビリティ

ボタンを隠せ: スティーブ・ジョブズの指は隠されたボタンの上(ウォールストリートジャーナル、2007年7月25日)
「アップルは新製品の携帯電話にライバル機が飾り立てているキーパッドを持ち込まなかった。その代わり、電話をかけたり電子メールを読み出すのにタッチスクリーンを提供している。できあがったものは、必要最小限のガジェットを作る事で定評があるアップルにしても、相当にさっぱりしたものである。」

コンピュータユーザーの怒りの爆発に警察も同情(ロイター、2007年7月17日)
「真夜中の怒りの爆発の理由を尋ねられた51歳の男は、単にコンピュータにイライラしただけだと語った」

エンドユーザーとの関係の再考が必要(CIO、2007年7月24日)
「エンドユーザーを自己中心的な子供と大して変わりがないとする見方は別におかしなものではない。ただし、このような見方の再考を余儀なくさせるような変化が起きつつあるのは確かだ。専門家と比べると無知に近いとはいえ、エンドユーザーは次第にITに詳しくなってきていて、技術を使いこなせるだけでなく、独自のソリューションを開発できるようになっている。正式なシステムのデータと機能を複写したシャドウ・システムを作れるようになっている事が、その能力を証明している。」

サービスや機能の存在に気付いていないインターネット・ユーザー(ITワールド・カナダ、2007年7月24日)
「ユーザーがISPからインターネットサービスを採用する際に大きな障壁となっているのが、そのサービスの存在に気付いていなくてユーザビリティも悪い事であるという研究は、ITマネージャにとって妥当であると思える。」

政府のウェブサイトはあまりにも複雑(BBCニュース、2007年7月12日)
「全英監査局によれば、政府のウェブサイトは複雑すぎて使えないものがまだまだ多いと言う。オンラインの道路税更新のようなサービスは大変評判が良いが、HMRC(HM Revenue and Customs)のようなサイトは複雑過ぎるという報告がある。」

なぜウェブデザインのユーザビリティテストをしなければならないか(デジタル・アーツ、2007年6月20日)
「最も重要なベストプラクティスは、ユーザビリティテストをしたかどうかを確認することである。被験者を連れてきて、製品を使っている所を観察する。これがベストプラクティスだ。これをデザインサイクルの中で何度も繰り返すのだ。早期から始めるのが良い。新デザインが完成するまで待っていてはいけない。」

コンピュータおたくを連れてきて(CBSニュース、2007年9月9日)
「今や自分が作った技術の奴隷になりつつあり、ピーピー鳴って点滅を繰り返す道具にはまってしまい依存するようになっているが、これらは本来、生活を楽にしてくれるはずの道具である。」

先頭に戻る

UPA支部ニュース

UPA-DCメトロ支部 - 第2回年次総会参加者募集(2007年10月12日、ワシントンDC)
User Focus: デザインを成功させる上でのユーザビリティの価値を例証するアイデアや経験を交換する1日だけの会議。DCメトロ支部第2回年次総会は Renaissance Washington, DC Hotelで開催されます。
連絡先: conference@upa-dc-metro.org

UPA DFW(Dallas/Fort Worth)支部及びSTC Lone Star支部 - DESIGN THINKING 2007 (10月19日金曜日 11:30 AM~8:00 PM、IMC2オフィス)
古典的なビジネス・モデルが危機にひんして、競合の経済は変化しています。品質、効率及び価格が急速に一致し始めてきています。差別化を図るには柔軟性が必要で、これは柔らかい事を意味します。柔らかい場合にはリスクが伴います。これは科学と芸術のバランスを取るという難問になりますが、戦略的ビジネスの差別化の基礎となるデザイン思考(Design Thinking)により容易に達成可能なバランスです。このイベントに参加すると、主要なDFWビジネスのデザイン事情の概要が分かります。半日ちょっとのアイデア交換会の議論に参加してください。

User Experience Russia 2007(2007年11月8日~10日)
IT(Information Technology)のユーザビリティだけを議論する、ロシアで初めての国際年次大会。
連絡先: org@userexp.ru

User Friendly 2007(2007年11月23日~25日)
2007年のテーマは「ユーザーエクスペリエンスコミュニティをつなぐ(Connecting User Experience Communities)」です。

今月の写真
「upachapter」タグを使えば支部のイベント写真を共有できます。

身近なUPAイベントの広報はUXNETで
ローカルなUPAイベントをUXnetのWebサイトで広報したい場合には、近くにいる「ローカルUXアンバサダー」に連絡してください。近くにそのような人がいない場合にはご自分が「ローカルアンバサダー」になる事も良いのではないでしょうか。これによって身近なイベントをより広いコミュニティに広報できますし、UPAがサポートするUXnet組織の構築にも役立ちます。

設立中の支部

支部グループに参加しよう

UPA支部についての知識を更に深めよう

身近にある支部をお探しの場合の連絡先 chapters@usabilityprofessionals.org

先頭に戻る

UPA本部ニュース

UPA 2008 「ユーザー・エクスペリエンスの多面性を考える: ホリスティック・プラクティスによるユーザビリティ(The Many Faces of User Experience: Usability through Holistic Practice)」
メリーランド州ボルチモアの風光明媚な内港に近い会場で会議が行われます (2008年6月16日~20日)。

UPA 2008参加募集期限を延長
各種プロポーザル提出期限を2007年10月15日に延長しています。
問合わせ先: Eva Gaumond

UPA 2008 レビュアー募集中
UPA 2008会議委員会では、各種プロポーザルをレビューしていただけるユーザビリティ・スペシャリストを募集しています。

UPA 2007給与調査サイトオープン
UPAでは、ユーザーエクスペリエンス分野の発展に関する詳細データを得るために、2年毎にユーザーエクスペリエンスの専門家に調査をかけています。 この調査にはUPAメンバーだけでなくユーザーエクスペリエンスの専門家であれば誰でも参加できます。報告書は約3ヶ月で完成し、誰でも自由に読む事ができます。
UPA給与調査プロジェクトの紹介

指導育成プログラム
学生と若手の指導育成プログラムは、指導者への応募増加により活動が活発になってきています。指導者となってコミュニティで活動したい場合、または指導者を探している場合には、このプログラムの内容を検討してサインアップしてください。

UPA理事の改選
2008年のUPA理事会メンバーになりたい候補者向けのリマインダーです。書類提出期限は2007年10月12日です。
連絡先: elections2007@usabilityprofessionals.org

User Friendly 2007(2007年11月23日~25日)
2007年のテーマは「ユーザーエクスペリエンスコミュニティをつなぐ(Connecting User Experience Communities)」です。

UPA Europe 2008
ヨーロッパにおける初めてのUPA国際会議が「2008 World Design Capital」と題してイタリアのトリノで開催されます。数百名のデザイナーとユーザビリティ専門家が集まると期待しています。

LINKEDIN: UPAメンバーやその他の人達とのネットワーク
同じような経歴やニーズを持つUPAメンバーを迅速かつ容易に検索したくはありませんか。LinkedInに今すぐ加入しましょう。Join us on LinkedIn today.

UPA理事会メンバーの紹介

先頭に戻る

UPA出版物

UPA - Voice(2007年8月)
中国人ユーザーの自宅を訪問する場合の秘訣とヒント、Josephine Wong

UPA - JUS (Journal of Usability Studies)(2007年8月: 第2巻 第4号)
ユーザビリティの指摘を有益で使えるものにする(Making Usability Recommendations Useful and Usable) - 著者: Rolf Molich、Robin Jeffries、Joseph Dumas

UPA刊行物に記事を書きたい場合の連絡先: publications@usabilityprofessionals.org

UPA刊行物に宣伝を載せたい場合の連絡先:assocdir@usabilityprofessionals.org

先頭に戻る

カレンダー

WORLD USABILITY DAY(2007年11月8日)

USER FRIENDLY 2007 (2007年11月23日~25日)

UPA 2008 「ユーザー・エクスペリエンスの多面性を考える: ホリスティック・プラクティスによるユーザビリティ(The Many Faces of User Experience: Usability through Holistic Practice)」(メリーランド州ボルチモア、2008年6月16日~20日)

電子メールアドレスや住所に変更がありますか:
プロファイル情報を最新にしてメールが確実に届くようにしましょう。

先頭に戻る

各国語版UPAニュースの作成協力者

  • Melanie Rousseau (Québec Chapter), French
  • Silvia Zimmermann (Swiss Chapter), German
  • Alberto Lacalle (Spanish Chapter), Spanish
  • Michele Visciola (UPA Italia), Italian
  • Adriana Betiol (Brazil Chapter), Portuguese
  • Yaniv Michaeli (UPA Israel), Hebrew
  • Natasha Voynarovskaya (UPA Russia), Russian
  • Tadashi Kobayashi (HCD-Net), Toyohiro Kanayama (UPA), Japanese
  • Denny Huang (UPA China), Chinese
  • Daniel Szuc (UPA China-Hong Kong), English, News scout

UPA Monthlyの連絡先

** 求職情報 **

UPAでは、ユーザビリティ専門家向けの求職情報を以下のサイトに掲載しています。この情報は原則として3ヶ月間掲載します。情報の掲載費用は100ドルで前払いとなっています。
http://www.usabilityprofessionals.org/usability_resources/jobs/index.html

先頭に戻る

Usability Resources UPA Store UPA Chapters UPA Projects UPA Publications Conferences and Events Membership and Directories About UPA