援助の要請

自然災害や人為的災害に対応する際、人道的支援組織では、食料、衣類、毛布、宿泊所といった必要な資源を提供する。しかし、まだ市場が機能し続けているなら、被害に遭った人々に尊厳を与え、ニーズに柔軟に対応できる点で、現金が最善の支援法と言えるだろう。モバイルマネーによる送金がその例だ。現金を移動するための複雑な問題に対応する代わりにモバイルマネーシステムを使用している支援組織では、そのシステムがスピーディー、的確、かつ柔軟な支援を行うのに有望な方法だと判断している。

この記事では、ケニア、ニジェール、ハイチ、コートジボワール、フィリピンでの支援組織の体験をまとめ、モバイルマネーシステムを人道的支援対策として使用する利点とその課題について検討している。興味深い利点は、危機的な状況で人々が金融システムを使用するようになれば、そのまま使用が継続し、直面する危機が収まった後も長期的な支援の恩恵が継続できると見込まれることである。

原文は英語だけになります

Smith, G. (5日). 援助の要請. User Experience Magazine, 11(2).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/a-call-for-help/?lang=ja

Comments are closed.