デザインにより起こる社会変化を考慮

多くの場合、社会的変化はデザイナーが起こそうとして起きるものではない。むしろ、社会的変化は不可避に近いもので、難題はその社会的変化が意図的で熟考の末にデザインされたものだと保証することだ。この記事では、SMS(テキストメッセージ)をケーススタディとして使い、なんの変哲も面白みもないと思われるようなツールのデザインの決定がテクノロジーと社会的慣習の共進化に大きな役割を果たすことを紹介する。そのため、論点は社会的変化を起こすためにデザインするのではなく、デザインする際に起こり得る社会的変化を考慮し、それを考慮すべきだという点に向けられる。

原文は英語だけになります

Baumer, E. (5日). デザインにより起こる社会変化を考慮. User Experience Magazine, 10(2).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/accounting_for_social_change/?lang=ja

Comments are closed.