世界中の動向:米国、欧州でのラボリサーチ

Fieldwork社は、米国、欧州、極東アジア地域における主に対面式調査によるデータ収集で30年の経験を持つ米国企業だが、その業務担当副社長の二人が、設備、テクノロジー、調査対象の勧誘の仕方、文化による独自性など、各国における違いを明らかにする。この記事は、ユーザビリティの実践者にとって、通文化的分析を煩雑なものに、あるいは不可能にしてしまうデータの矛盾や不適合につながる違いを予測し、先手を打つための手助けとなるだろう。

原文は英語だけになります

Comments are closed.