求めるものを少なくとどめ、より多くの収穫を得る:ユーザー行動の制限に関する行動科学

従来の考え方とは異なり、ユーザーに望む行動を制限することは、実際のところその行動を促進するための最も効果的な方法であり得る。製品を制御された方法で展開するために制限を設定する場合もあるが、制限を設定することは、ユーザーからの需要を生み出すことにもなる。制限によりその価値が強調され、さもなければ人々が当然とみなすような機能性が高く評価されるのに役立つ。UXデザイナーは、人々が行動を起こす気になるように、慎重に制限を設けるべきである。

原文は英語だけになります

Devenish, R., Royer, D. (7日). 求めるものを少なくとどめ、より多くの収穫を得る:ユーザー行動の制限に関する行動科学. User Experience Magazine, 14(2).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/ask-less-get-more/?lang=ja

One Response

  1. […] Source: http://www.usabilityprofessionals.org/uxmagazine/ask-less-get-more/ […]