バイオメトリクスを使ったプレーヤー体験の実態解明

ビデオゲームはプレーヤーの体験の質によって評価される。しかし、自己報告やインタビューなど、プレーヤーの体験を評価する従来の方法は、サンプリングアプローチやプレーヤーのゲームプレイに対する認識に頼っており、理想的とは言えない。これらの問題を解消する方法が、ゲームプレイの体験を無意識のまま継続的に把握するアプローチで、これによりゲームプレイについてのより確かな理解が得られる。この記事ではバイオメトリクスがどのようにゲームプレイ中の隠れた問題点を見つけ出すのか、またバイオメトリックストーリーボードの形でプレーヤーの体験を伝えることができるのか、ケーススタディを使って紹介する。

原文は英語だけになります

Comments are closed.