ダ・ビンチのごとくにデザイン:元祖ルネサンスマンからのスケッチレッスン

レオナルド・ダ・ビンチは典型的なルネサンス期の教養人で、画家、彫刻家、建築家、科学者、数学者、土木工学者、発明家、地質学者、著述家などとして活躍した。しかしダ・ビンチの最も偉大な遺産といえば、おそらく彼の1万3,000ページ以上におよぶスケッチであろう。ブライアン・サリバン(Brian Sullivan)は、ダ・ビンチのスケッチブックを研究し、マイケル・ゲルブ(Michael Gelb)著の「ダ・ヴィンチになる! 創造的能力を開発する7つの法則」(”How to Think Like Leonardo da Vinci”、2000年発行)からインスピレーションを受けた後、UXデザイナーが活用できる原則のリストを作った。この記事で彼は、次の6つの教訓について説明している:

1. とにかく多くの量を制作すること
2. スケッチに注釈を付けること
3. 別々にスケッチし、一緒にレビューを行うこと
4. イマジネーションをフル活用すること
5. 判断は保留すること
6. 肯定的な判断を先に使うこと

原文は英語だけになります

Sullivan, B. (5日). ダ・ビンチのごとくにデザイン:元祖ルネサンスマンからのスケッチレッスン. User Experience Magazine, 10(3).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/design_like_da_vinci/?lang=ja

Comments are closed.