ブラウザー内でのデザイン:敏感に反応するデザイン(レスポンシブデザイン)への効果的なコース

デザイナーは、様々なディスプレイサイズ上で、デザインがどのようにレンダリングされるか実際に見るために、互いにリンクされた静的な構成図(カンペ)を使用することが頻繁にある。このようなプロトタイプに変更を加えることは、面倒で時間がかかる作業である。「ブラウザー内でのデザイン」は、最近生み出された手法で、デザイナーがコーディングをブラウザービューへ直接行い、CSS3のメディアクエリを活用してプロトタイプのインタラクティビティを高め、デザインが様々なデバイスでどのようにレンダリングされるかを監視し、究極的にデザイナーの時間と努力を大幅に節約する。

原文は英語だけになります

Srivastava, E. (3日). ブラウザー内でのデザイン:敏感に反応するデザイン(レスポンシブデザイン)への効果的なコース. User Experience Magazine, 14(2).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/designing-in-the-browser/?lang=ja

One Response