注意欠陥多動性障害の子どものためのデザイン:非専門家向けのガイドラインを探索

ヒューマンコンピュータインタラクションにおける最も根本的な原則の一つはユーザを知るということである。特定のユーザグループ向けにデザインを行う際、ソフトウェアのデザイナーはそのグループのニーズや要求を考慮し、適切なユーザビリティおよび機能性を備えたソフトウェアを制作することが期待される。しかし、どのユーザグループの中にもばらつきがあり、デザイナーはしばしば、これらグループ内の少数派の具体的なニーズを認識できないでいる。もし、よく知らないグループ向けにデザインをするように依頼されたらどうなるであろう。この記事では、注意欠陥多動性障害などの症状を対象に、障害を持つユーザについての専門家的な知識を持たずにデザインを行う発見的プロセスについて述べ、調査結果から現れた15のガイドラインを推奨している。

原文は英語だけになります

McKnight, M. (5日). 注意欠陥多動性障害の子どものためのデザイン:非専門家向けのガイドラインを探索. User Experience Magazine, 10(1).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/designing_children_adhd/?lang=ja

Comments are closed.