やましいデザイン?インタラクションデザインが私たちを誘惑に陥れる方法

閲覧している者を説得したり、気を引いたりして、楽々と購入へと進ませる4つの説得力のあるデザインパターンを概観する。

インタラクション・デザイナーの仕事は、つまるところユーザーを説得して何かをさせるということである。私たちはユーザーにボタンをクリックさせるよう、とても魅力的に見えるボタンをデザインして画面ページの「まさにそこ」と思われる場所に配置したり、気を散らせるものを取り除いてプロセスを合理化して顧客が閲覧から購入へと無理なく進むようにしたり、より頻繁に見てもらうことを目的として専用のアプリケーションを作成したりする。この記事では、筆者の書籍である『Evil by Design』 に記載されている57のパターンの中から4つの説得力のあるデザインパターンを取り上げ、レビューしている。

原文は英語だけになります

Nodder, C. (7日). やましいデザイン?インタラクションデザインが私たちを誘惑に陥れる方法. User Experience Magazine, 13(3).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/evil-by-design/?lang=ja

Comments are closed.