2029年: ファッションの未来

ウェアラブル・インタフェースを、身体、衣類、物理環境との境界をぼかす、身体と世界の接点をもたらす未来的ファッションと見なしてみよう。未来のファッションを解釈するのに重要な2つのコンセプトは代替性と感情移入である。衣類はデータ表示の手段となり、ユーザーインタフェースは、予測不可能な状況の変化を認識することができる真にインテリジェントな対話型システムとなる。未来のユーザーインタフェースは、日常活動から意味を生みだすような、人、場所、物の関係を認識するだろう。

原文は英語だけになります

Flanagan, P. (9日). 2029年: ファッションの未来. User Experience Magazine, 13(2).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/fashion-futurism/?lang=ja

Comments are closed.