ビット操作でプラスに切り替え:テクノロジーを創造的なメディアとして子供たちに改めて紹介する

テクノロジーはさまざまな役割を果たすことができ、子供たちが自らを取り巻く環境や自身の発達を方向付ける体験を作り出す手助けをするための、パートナーや、パフォーマー、プロバイダーとなり得る。

私たちはユーザーエクスペリエンスの専門家として、ユーザーにパワーを与えることのできるバランスのとれたテクノロジー環境作りのために、テクノロジーの力を活用する機会を持っている。このテクノロジー環境では、子供たちが自らを取り巻く環境や自身の発達を方向付けする新しい体験を作り出す基盤が提供されるべきである。それにより、テクノロジーがより良い人格形成や社会貢献をするために利用できる手段として捉えられるような、市民がパワーを持った民主的な社会が実現する。テクノロジーが担える役割のうち、以下を子供たちの創造性を伸ばすためのテクノロジー統合の促進剤として考えてみたい:すなわち、パートナー、パフォーマー、プロバイダーという役割である。

原文は英語だけになります

Freier, N. (7日). ビット操作でプラスに切り替え:テクノロジーを創造的なメディアとして子供たちに改めて紹介する. User Experience Magazine, 13(3).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/flipping-the-bit/?lang=ja

Comments are closed.