陪審員は評決に達したか?:UXの法廷によるアナロジー

12世紀から続く規律ある真実探求の理念、すなわち裁判所からコラボレーションが利益を得る方法とは何だろうか。この記事では、UXをデザインの被告および検察として据えている。

多くの領域にわたるチームメンバーからの様々な視点をプロジェクトに適用することで、通常は肯定的な結果が得られる。しかし、重複するスキルセットや性格の持ち主が共に作業に取り組む場合は、協力的バランスを達成する上での課題となり得る。英国法と法廷の構成をメタファとして使用することで、長期にわたり設立されている弁護士業務における役割が、プロジェクトにおいて協力的バランスの維持を目指しながら、どのように社員教育およびUXの完成に役立つメンタルモデルとなるかを探求する。

原文は英語だけになります

Ray, D. (0日). 陪審員は評決に達したか?:UXの法廷によるアナロジー. User Experience Magazine, 13(4).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/has-the-jury-reached-a-verdict/?lang=ja

Comments are closed.