生徒の大学進学を推進:KnowHow2GOの公共サービスから学んだ教訓

2007年に創設されたKnowHow2GOキャンペーンの目標は大学を卒業する人の数を増やすことだ。このマルチメディアを使った取り組みには、8年生から10年生(中学2年から高校1年)までの生徒に、大学に行く準備を進めるように奨励するさまざまな公共サービスの宣伝が含まれている。アーロン・フッシアン(Aaron Houssian)は、このキャンペーンのソーシャルメディア部門をサポートするよう依頼され、世界を変えようとする若手のUXプロにつきもののエネルギーと純朴さでこの仕事に飛び込んだが、その組織は彼が思っていたようには機能しなかった。この記事は、彼のたどった道のりと彼がその過程で学んだ3つの主な教訓について語っている:

• プレイヤーを知ること
• 支援者を得ること
• ユーザを理解すること

原文は英語だけになります

Houssian, A. (5日). 生徒の大学進学を推進:KnowHow2GOの公共サービスから学んだ教訓. User Experience Magazine, 10(3).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/helping_students_go_to_college/?lang=ja

Comments are closed.