SF作家Rudy Ruckerとのインタビュー:SFにおけるインタフェース

Rudy Ruckerは、作家、数学者、コンピューターサイエンスの元教授である。彼の作品の中では、特にソフトウェアとウェットウェアに関する小説が著名である。インタビューの中でRuckerは、今日のテクノロジーについて、次のように語っている。「人々が小さなスマートフォンを突ついているのを見るとばからしいと思う。あれは、不自然で間違いの元になるし、人々の孤立化を招き、さらには非人間工学的でもある」。さらにRuckerは、音声認識、ハンドジェスチャー、アイトラッキング、そして心的発話とメンタルコマンドによって動作する彼自身の発明「uvvy」を通して、ユーザーインタフェースについての 思いを語っている。

原文は英語だけになります

Comments are closed.