見た目だけではダメ:ユーザエクスペリエンス分野のアイトラッキングに関する10大誤解

アイトラッキングはもはや、ユーザエクスペリエンス研究のツールとして一握りの専門家が使用するような新奇なものではなくなった。より多くのUX専門家がアイトラッキングを調査に取り入れるにつれ、多くの誤解が生じ、それが蔓延している。これらの間違った考えや疑わしい測定方法はアイトラッキングに不当な評価を与える原因となっており、変化のプロセスのスタートを切る時期に来ている。この記事は、UXの分野で使われるアイトラッキングに関する一般的な誤解を説明し、その適切な利用について明らかにしようとするものだ。

この記事で述べられている10の誤解には以下が含まれる:

1. アイトラッキングは全てのユーザビリティ調査で役立つ。
2. アイトラッキングはヒートマップが全てである。
3. アイトラッキングの結果を解釈するのは簡単である。
4. 何かを見るにはたった一通りの方法しかない。
5. まずトラックしてどういう結果になるか見てみよう!
6. アイトラッキングの調査には「魔法のサンプルサイズ」がある。
7. 眼球運動分析は凝視を記録したビデオを観ることで行える。
8. ドット(点)がまさに被験者が見たところであって、何を見たかを示すものである。
9. 集めた全てのデータを分析するべきである。
10. 誰でもトラッキングが行える。

原文は英語だけになります

Bojko, A., Adamczyk, K. (5日). 見た目だけではダメ:ユーザエクスペリエンス分野のアイトラッキングに関する10大誤解. User Experience Magazine, 9(3).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/more-than-just-eye-candy-top-ten-misconceptions-about-eye-tracking/?lang=ja

Comments are closed.