OLPCパソコン‐「ひとりの子どもにひとつのノートパソコン」という話の真相:Yves Béharとのインタビュー UX Magazineによるインタビュー:

UX Magazineのインタビューで、OLPCパソコンの設計者であるイブ・ベアール(Yves Béhar)が、特定のユーザを対象に機器をデザインすることの利点、コンピュータ空間のデザインにおけるチャレンジ、開発途上国の子どもたちが、学校から帰っても家で学習できるようにするための製品開発に関わることの報酬について語っている。彼が取り組んだ挑戦的な取組みは、100ドルのノートパソコンをデザインすること、しかも決して低レベルのテクノロジーだとはみなされず、子ども達に歓迎され、彼らのニーズに合わせて特別にデザインされたのだと分かってもらえるものにするというもので、200万以上の数のコンピュータが配布され、ナイジェリアやウルグアイなどの国々の子どもたちがノートパソコンを教室や家で使っている。

原文は英語だけになります

Béhar, Y. (5日). OLPCパソコン‐「ひとりの子どもにひとつのノートパソコン」という話の真相:Yves Béharとのインタビュー UX Magazineによるインタビュー:. User Experience Magazine, 10(1).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/one_laptop_per_child/?lang=ja

Comments are closed.