プレーして学ぶ:ゲームデザインを学ぶ学生へユーザリサーチを教える

University of Southern California(USC:南カリフォルニア大学)はビデオゲーム業界へ進む人材を育てる学部を早期に公式に設置した大学のひとつで、そのプログラムは米国でトップクラスと定評がある。USCのインタラクティブ・メディア学部(シネマアートスクールの一部門)の必修科目の中には、ユーザエクスペリエンスの調査はゲーム開発サイクルのなかで然るべき重要な位置を占めるという原則を学生に教え込むことを念頭においたコースがある。

原文は英語だけになります

Desurvire, H. (5日). プレーして学ぶ:ゲームデザインを学ぶ学生へユーザリサーチを教える. User Experience Magazine, 10(4).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/playing-to-learn/?lang=ja

Comments are closed.