オンラインのソーシャルネットワーキングとインドの新しい女性像:不満を解消するコミュニケーション

あらゆる場所で広がっていくテクノロジーはヒューマンコミュニケーションの全ての側面を支配している。世界は、白黒テレビ、巨大なラジオ、人差し指でダイヤルを回して掛ける有線電話のある世帯が珍しかった時代から、親指で操作する携帯電話、ウェブカム付きのハイスピードなホームPC、ノートパソコン、小型パソコン、iPod、ウェブテレビ、またはその他の目新しい小型機器がない世帯が珍しい時代へと変容を遂げた。ライフスタイル製品がアバンギャルドであるほど人々を虜にするようで、それらウィジェットなしで過ごす時間が短縮されている。蔓延するテクノロジーによって家族の空間や時間が削られ、わずかに残っていた家庭の時間と仕事の時間の区別も消滅しつつある。

急速に収束している世界では、一昔前の家族を中心とした娯楽はほとんど注目されない。間近に迫った締切のことを気にせず、家族や友人とゆったり過ごす時間のことなどは近頃ほとんど耳にしない。社会構成が親密なインドでは、家族や友人間での定期的なコミュニケーションは非常に大切なものと捉えられており、オンラインのソーシャルネットワーキングは、時間に追われるこの種族を救う役割を担っている。ソーシャルネットワーキングは、現代の働くインド人女性、特に情報技術(IT)の分野で働く女性たちに多くの利益をもたらしている。

IT分野で働く既婚のインド人女性を対象として、オンラインネットワークへアクセスするパターンやスタイル、その理由を理解するために最近行われた調査では、時間に追われている場合でも、彼女たちはオンラインのソーシャルネットワークにアクセスし、同僚、家族、友人たちと連絡を取り合っていることが分かった。個人的な理由ではなく技術的な理由で連絡を取り合うことが多いものの、調査で回収されたデータは新しいインド人女性像の出現により、このシナリオが近い将来変化するかもしれないことを指摘している。

原文は英語だけになります

Kheterpal, S. (5日). オンラインのソーシャルネットワーキングとインドの新しい女性像:不満を解消するコミュニケーション. User Experience Magazine, 9(4).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/social_networking_indian_women/?lang=ja

Comments are closed.