Articles about アジャイル

顧客協議会: アジャイル開発向けの研究手段

Website screenshot

顧客協議会がアジャイル開発の環境におけるユーザー研究の質を確保することに役立つ。協議会はプロジェクトの全過程で、戦略的洞察と実践的なユーザビリティのフィードバックの双方を提供する。 [続きを読む]

アジャイル UX とはコラボレーションである: その方法をマスターする

アジャイル開発において、UX担当者は共通のゴールに向かって協力するチームの一員である。頻繁な成果物や継続的なフィードバックがこのプロセスに組み込まれれば、素晴らしいコラボレーションが可能である。 [続きを読む]

次世代のUXチームの構築:ジェネラリスト育成のための戦略

Artistic words: Broad knowledge

アジャイル開発が台頭するようになり、ユーザエクスペリエンスのジェネラリストが復帰するための状況が整ってきたといえる。(全文記事は英語とスペイン語で記載) [続きを読む]

キラキラの飾りはいならい!アジャイルUXデザインのためのデザインマッピング

Login screen image

貴方がアジャイル開発環境で働くデザイナーであれば、全体像を把握しないまま、詳細部分の反復にばかりに集中している気分になったことはないだろうか?アジャイルデザインのチームでは、製品の一つの特長に注目し、その特長が最もパーフェクトな状態であるように作業を反復する。 [続きを読む]

UXデザインのアジャイルソフトウェア開発への統合

Photo of Jeff Gotelf

UXがJeff Gothel氏に、UXデザインのアジャイルソフトウェア開発への統合に取り組むリーダーとしての経験を話してくれるようにお願いしたところ、UXデザインテクニックをアジャイルソフトウェア開発に統合し、その結果として起こったプロセスマネージャーとチームリーダーとしての彼の役割の進化から彼が学んだ教訓の数々を提供してくれた。 [続きを読む]

(English) Agile and UX: A View from 2009

(English) Agile software development is adaptive rather than predictive and people-oriented rather than process-oriented. Several activities at UPA 2009 discussed shared experiences of working in Agile environments. [続きを読む]

(English) Agile Teams: Best Practices for Agile Development

flowchart

(English) A workshop at UPA 2009 continued previous discussions on Agile and user-centered design. Workshop participants exchanged best practices, success factors, challenges, and solutions. [続きを読む]

(English) Get it RITE: Rapid Iterative Testing and Evaluation (RITE)

screencap

(English) With RITE, UX teams examine interface alternatives in a short time, evolving a more usable final design more quickly than with traditional usability testing methods. [続きを読む]

(English) The View From Here: Garbage In, Garbage Out—the Agile Way

(English) If we measure based on product success and not timeline adherence, the garbage in, garbage out rule still compromises our daily professional contribution. [続きを読む]

(English) Editor’s Note: User Experience Development: What? So What? Now What?

(English) In this issue, we seek to integrate the worlds of UX and software development in order to create better products, services, and user experiences. [続きを読む]