「ア」で始まる言葉:UXの一部としてのアクセシビリティ

アクセシビリティは、しばしば、誤って理解され、非難を浴び、誤解されている。「ア」で始まるこのアクセシビリティという言葉が、少しでも目まいや歯ぎしりを生じさせたり、うろたえさせるとすれば、それはあなただけのことではない。だが、非常に優れたデジタルエクスペリエンスを作り出そうとすれば、アクセシビリティは、ユーザビリティや創造性、技術とともに欠かすことのできないものである。ユーザビリティと同様に、アクセシビリティはプロセス全体に組み込まれるべきもので、研究開発に携わるすべての人達がある程度知っておくべきことと言ってよい。

この記事では、意味ある読み順、一貫性のあるナビゲーションとレイアウト、コントロールウィジェットの形、記述的なリンク名という、アクセシビリティの4つのコンセプトを考察する。アクセシビリティは宣誓のような縁遠い言葉ではなく、あなたが思うよりとても身近なものであることがお分かりいただけるだろう。

The full article is available only in English.

Watson, L. (5日). 「ア」で始まる言葉:UXの一部としてのアクセシビリティ. User Experience Magazine, 11(3).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/the-a-word/?lang=ja

Comments are closed.