ビデオ会議:距離の問題を克服する

Googleチーム内のリモート・コラボレーションの研究から、ユビキタスなビデオ会議が、地理的に散在するチームが直面する課題を克服するのに役立っていることが分かった。

5つの研究が、ビデオ会議を頻繁に活用しているGoogleのリモート・コラボレーションを検証した。カレンダーの統一が、ビデオ会議(VC)の設定と会議への参加を簡素化している。社員は、専用のデバイスまたは自分のノートパソコンから場所を選ばずにVCに頻繁に参加する。VCは、社内の電話使用に大きく取って代わっており、VCに常に表示されるビデオポータルは、地理的に散在するチームの間の生産性向上のために広まっていった。課題は残るものの、(テクノロジーの受け入れに積極的な)企業文化を後ろ盾とするVC使用の普及により、リモート・コラボレーションの成功が可能になった。

原文は英語だけになります

Karis, D., Wildman, D., Mané, A. (0日). ビデオ会議:距離の問題を克服する. User Experience Magazine, 13(4).
Retrieved from http://www.uxpamagazine.org/videoconferencing/?lang=ja

Comments are closed.